不動産担保ローンで二世帯住宅に改装する予定ですが?

不動産担保ローンは融資の機関によって金利が異なります。

安易に契約を結ぶのではなく、まず複数の金融機関からアイミツを取る、そこから見直していきましょう。

■金利の見直しと二世帯住宅プランの見直し。

前提条件になりますが、不動産担保ローンにもいろいろな貸出機関があり、機関によって金利が異なります。

都市銀行、地方銀行、信用金庫、融資専門の機関などです。

融資専門の機関は全般的に貸出金利が高いですから、もしそうなら信用金庫や地銀に変えるべきです。

次に二世帯住宅のプラン自体に余分な費用はかかっていないかを検証しましょう。

夢のふくらむプランは、気が大きくなって追加を重ね、費用もふくらみがちになります。

まず苦悩の元となるこの2つの圧縮を行ない、融資額をとことん小さくしましょう。

■早い時期に繰上げ返済を行っていく。

不動産担保ローンでも、返済が始まって当初の5年くらいは、ほとんど金利分の返済に充当され返済元本は減りません。

したがってこの早い時期に100万円単位で繰上げ返済を行っていくと、元本が減り返済がグッと楽になります。

ボーナスや臨時収入をコツコツ貯めて、最初の10年間で500万円程度の繰り上げ返済ができれば、生活費用にもゆとりが生まれます。

■コツコツ貯めて、預金と返済の2頭立てを心がける。

これが不動産担保ローンの完済を実現させる手堅い方法です。

返済しながら貯蓄をするのは至難のワザですが、不動産担保ローンの返済不能に陥って担保を取られてしまう苦悩よりはマシです。

貯蓄のワザを身に着け習慣化できれば繰上げ返済も急ピッチですすめられます。